CLOSE

商大はマーケティング

小樽商科大學の理念である「実學?語學?品格」の「実學」の部分を強く體現している分野の一つが「マーケティング」です。

「マーケティング」は、理論だけでなく、実踐に結びつくことなしにには成り立ちません。小樽商科大學は、國立大學では唯一の社會科學系の単科大學であり、小規模でありながらマーケティング関連専門分野の教授陣を多くそろえ、グローバルな視點でローカルを考える、実踐的な教育プログラムを提供します。

近藤公彥教授

「リアル店舗やネット、すべてのチャネルで購買行動は起こるのです。それが『オムニチャネル』」

研究者インタビュー 近藤公彥教授

Read the Article

豬口純路教授

「『かっこいい』の概念も、企業のマーケティングによって変わる。それが面白さです」

研究者インタビュー 豬口純路教授

Read the Article

王力勇準教授

「旅行商品の販売はネットの普及で激変しましたが、仕組みはより複雑になりました」

研究者インタビュー 王力勇準教授

Read the Article

Column 商大探舎 Vol.17

行幸

1936年10月9日、昭和天皇が小樽高商を訪れた。毎年恒例の陸軍特別大演習を大元帥として統監する前後の地方行幸の一環で、學校への行幸もよく行われていた。この行幸では、室蘭、旭川、釧路、根室、帯広訪問を経て、小樽駅に到著、小樽市公會堂を視察し小樽高商へ來學。高商には40分程滯在し、苫米地校長、渡辺元校長らが「単獨拝謁」した。この10月9日は翌年から行幸記念日とされた。

行幸

資料
請求
久久亚洲国产中文字幕