CLOSE
  • HOME
  • HEADLINE
  • 令和元年度卒業生?修了生の皆様へ(學長告辭)

HEADLINE

2020.03.17

令和元年度卒業生?修了生の皆様へ(學長告辭)

 

 みなさん、ご卒業?修了おめでとうございます。新型コロナウイルス感染の影響により今年度の學位記授與式を中止せざるをえなくなったことは大変殘念ですが、私ども教職員は、みなさんと共に過ごしたことを誇りに思います。

 

 私は、この3月を以て、學長職任期満了となり、小樽商科大學を去ります。振り返ってみれば、私は、この6年間、卒業式告辭のなかでいつも卒業生?修了生のみなさんに同じことを言ってきたように思います。それは大體3點に要約されます。

 

 一つは、大學で學ぶことの意味、すなわち「學問」の本質です。幕末?明治の思想家?教育者であった福沢諭吉によりますと、學問とは単なる知識の集まり?體系だけではなく活動、すなわち「精神の働き」「心身の働き」を意味します。つまり、出來上がった知識を単に學ぶだけでなく、新しい知識を作り出していく精神と身體の活動にあるというわけです(福沢諭吉『學問のすゝめ』)。 
 知識や理論を學習することはもちろん大切なことです。新しい知識を得て、ものを見る目が変わってくる、世界が広がる喜びがあります。しかし、「學問する」ことは、それだけにはとどまらず、獲得した知識を使って、未知のもの、不確実なものへの挑戦でもなければならないと思います。

 

 二つめは、21世紀に入ってからの経済構造?社會構造の急激な変化です。グローバル化?デジタル化が進展し、新しい知識?技術がビジネス新興企業や新産業を次々と誕生させています。経済は國家間の相互依存を深め、ビジネスは常に國境を越えて展開されます。 他方で、深刻な人口減少は、人々の働き方を変えつつあります。個々人の生産性の向上が課題になり、働く意欲?能力のある人は性別?年令を問わず、長く働き続ける、さらには、よりよい職場を求めて転職するのが當たり前の時代がすでに到來しています。

 

 第三に、それだけ一層、変化する社會に対応できる個々人の能力が求められているのです。アメリカの著名な経営學者?思想家であったピーター?ドラッカーは、今から30年前に、「変化を探し、変化に対応し、変化を機會として利用する企業家および企業家精神(アントレプレナーシップ)」の重要性を予測しました。さらに、企業家精神は、継続的學習を必然のものとする、學習は青年期、社會人になったとき完了するものとする考えは誤りであると言い、學び続けることの重要性を強調しています。一人一人の人間が、自らの人生において、自らの意志によって、さまざまなキャリアを探し進んでいくことになると言っています。まさに今の時代に當てはまる言葉ではないでしょうか。

 

 小樽商科大學は、學部においては、特定の分野で専門知識を深める教育を心がけてきました。同時に、人文社會?自然科學、外國語など幅広い分野の知識を修得するカリキュラムを用意しています。そして、百年以上の伝統をもつ実學の精神に基づいて、実踐や體験、様々な分野で活躍する人との交流からも學ぶ機會を提供してきました。なによりも、みなさんに自由な時間、ものを考えたり友人と話をしたり、課外活動に取り組む時間を保証してきました。

 

 大學院においては、數少ない國立の商學研究科として、社會の幅広い層の人々に、高度な専門知識?理論と、専門職大學院にあたっては高度専門職業人として必要な実踐的な知識?能力を身につける機會を與えてきました。

 

 みなさんが小樽商科大學で身につけた能力?意欲は、これからの人生に必ず役に立つと確信しています。大切なことは、卒業した後も、常に學ぶ態度を持ち続けそれを実行することです。

 

 最後に、小樽商科大學は、卒業生?修了生(OB?OG)が現役學生を支援することの熱心さでも全國有數の大學です。みなさんのなかには、在學中に、同窓會?緑丘會から様々な支援を受けた人がいるはずです。そして、この関係は卒業後も続くと思います。ですから、今度はみなさんが後輩のために支援をしてあげてください。

 

                          
 みなさんのご健闘をお祈りしています。

 

                                           2020年3月17日
                                  國立大學法人小樽商科大學學長 和田健夫

アーカイブ

カテゴリ

月別

資料
請求
久久亚洲国产中文字幕